子どもの歯の治療

小児歯科と歯科の選択

赤ちゃんからでも通院することができる歯科として小児歯科があります。小児歯科は、子供の歯を中心に虫歯の治療や歯並びをお母さんといっしょに診ていくところなのです。特に、子供の場合は歯並びが悪くなったり、顎の大きさが小さい子供もいるので経過観察はとても大事なこととなるのです。与える食べ物や歯磨きの磨き残しがあれば乳歯のうちから虫歯を作ってしまうこともあります。乳歯だから虫歯が出来ても抜ければ大丈夫ではないか思ってはいけないのです。後から生えてくる永久歯に影響を及ぼす可能性もあるのです。小さいうちから小児歯科に行き、歯の状態を見てもらうことはとても大切なのです。

子供の歯の健康のために

子供のうちから虫歯を作ってしまうと大人になってから、虫歯が大きくなってしまったり、歯を抜くことになったなどとても影響が強くなってしまのうです。そのためにも、子供のうちから歯の健康については神経質になってもいいくらいなのです。赤ちゃんや幼児のうちであれば、親が特に歯磨きをしてあげることに注意を払うことが大切となります。歯の生え方や並び方についても普段からよく見てあげるようにします。定期的に小児歯科に行けば、口の中のケアをしてもらうことができます。また、口の中の写真を撮ることで今後の歯並びについてもどうなっていくか予想することができるのです。歯並びが悪くなるようであれば、そのための治療をすることになるかもしれないのです。

Copyright© 2015 インプラント治療は歯科で受けよう〜いいプランを〜All Rights Reserved.


Design by Megapx Template by s-hoshino.com